債務整理とい正当な手段

お金を貯める☆保険の無駄を省く

お金を貯める☆保険の無駄を省く
将来の病気やけがへの不安から医療保険に加入している
方は多いと思います。かくいうわたしもその一人です。
しかしうっかりすると自分がどんな内容の保険に加入しているのか
詳細が分からないまま契約しているパターンも多いのです。

 

幅広い保証制度を知り、自分にとって何が一番必要な
内容なのかを知ることが出来れば無駄な契約は避けられますし
保険契約においての節約の一歩になります。
まず、どのような保証制度が自分にはあるのか知りたいですよね。

 

例えば、労災予見や傷病手当金、遺族基礎年金、遺族厚生年金、
死亡退職金、さらには高額手術費などに対応する高額医療費制度
なども会社員なら基本的に誰でも受けることが出来る保証です。

 

自営業の方の場合は、傷病手当金や遺族厚生年金を利用できません
のでそれらを補填するタイプの保険に加入すればよいということに
なりますね。

 

保険に加入しなければならないと考えるときは、上記のような
公的保証の範囲外になるものについて必要なものをシンプルに
加入するようにすれば無駄な支払いも省けます。
まあそうはいっても色々な不可サービスもあり、保険が一概に
把握しきれるかと言うとそうも言えない部分も多少はありますが、
まあなるべく「簡素に」を心がけましょう。

 

例えば、入院することを想定して一日の費用であるとか、
特約の必要性、死亡保険金等、はっきりと分かる部分について
は自分でも検討することが出来ますね。

 

死亡保障は子供が生まれてから考えればよい、とか
がん家系なのでがん特約だけは外せない、とか
そもそも今入る必要のある保険なのかな?等

 

まずは本当に必要なものについて吟味することが必要です。
単身者については特に豪華な保証をするものは
必要ないでしょう。結婚したり子供が生まれたりして
環境が変わった時点で少しずつ不可条件を増やすことで
手厚い内容に変えていけば無駄も省けます。

 

何より、保険を見直すときに一旦入ったものを
止めるというのは実は心理的に少し勇気がいるので、
饒舌な説明に乗せられることなく、一旦保留にするくらいの
気持ちで大切なものだけと心がけてください。
それでもあらゆる保証を乗せようとする相手であれば
その保険会社は検討対象から外すくらいの気持ちでも
十分事足りますのでご安心ください♪