債務整理とい正当な手段

お金をきちんと貯める!②自動引落としを利用せよ

そのため、AskTradersでは提供されるサービスを客観的に比較し、ベストブローカーを見つけるために広範囲にわたり調査を行っています。株式、ETF、CFD、FX、仮想通貨などどんな取引でも、あなたのニーズを満たすお勧めの業者を見つけられることと思います。
www.asktraders.com/jp

お金をきちんと貯める!②自動引落としを利用せよ
お金がうまく貯められない人の言い訳は必ずと言っていいほど
同じです。「貯められるだけのお金がない」これです。
しかし、違います。
まず「給料ー貯金=使うお金」とすることが貯蓄の大前提である
ということなのです!!!

 

余ったお金を貯金しようなどと呑気なことを言っていたら
いつまでたっても貯まりません。
貯めるためには、お給料日に自動的にお金が引き落とされるシステム
をしっかりと作ってしまうこと。これが大切です。
それにはどのような方法があるのでしょうか?

 

①社内預金
勤務先によりますが、給与天引きの積み立て型貯蓄です。
厚生労働省が定めた加減以上の利子で貯蓄が出来るため
一般的貯金より有利な利回りお金が貯められます。

 

②財形貯蓄
こちらも給与天引きの積み立て型貯蓄です。都市銀行、信託銀行、
証券会社、ゆうちょ銀行などの提携金融機関へ貯蓄するもので、
一般財形・財形住宅・財形年金という目的別の三種類があります。

 

③積み立て定期預金
各種銀行などで行えるものですが、指定した普通口座預金から
毎月一定額を自動的に引き落として定期預金として積み立ててくれる
システムです。金利は定期預金と同率です。

 

④投資積み立て
指定した投資信託を毎月一定額で購入するもので
証券会社行などで行います。
投信の種類によりリスクやリターンも変化します。

 

というように、いくつかの種類がありますが会社員であるならば
勤務先に社内預金、や財形貯蓄の制度がある場合が多いので
それを利用しない手は無いです。(利率が良いので)
積立額は1000円以上から行える場合がほとんどですが、
これは例えば社内預金などの勤務先の制度がない場合、
積み立て定期貯金などでも大体そのくらいの金額から行えますので
利用しない手はありません。

 

まずは「自動的に引き落として、勝手に積み立ててくれる」
というこれらのシステムをしっかりと利用して、お給料日に
手元に残るのは「使えるお金のみ」という環境になれるところから
始めましょう!