債務整理とい正当な手段

お金をきちんと貯める!Bカードの使い方が大事

お金をきちんと貯める!Bカードの使い方が大事
お金が貯まる人と貯まらない人の違いは、住宅ローン以外の
大きなローンを組まないという点です。
ローンは利息を払う無駄がある、ということを知っている
からなのですね。

 

まず買いたいという欲望は、そもそもお金が無ければ叶わない
ものです。ですが、どうしてもその欲望見たしたければ、手元に
無くても買えてしまうクレジットカードローンという魔法を
使うわけです。分割払いやリボ払いも気軽に行えますので
これを利用して毎月少額だから大丈夫、などとのんきに構えて
いるうちに気づけば残高が無くなっている・・という状態に
なるのです。

 

お金が無ければ買わない、これを原則としている人は手元がない
ということは欲望を満たせない、と律する気持ちを持つことが
出来ます。
現金を手にして買い物をする場合、目の前にそのお金をすることで
「こんなお金を払ってまで必要なものなのか?」と逡巡する
時間を持つことが出来ます。
つまり、買う一瞬にためらいが生まれることで無駄な買い物を
抑制する力も働くのです。

 

この「もったいない」という感覚は、決してけちけちしている
ということではなく、自分の持つ資産を「無駄に消費しない」
という気持ちに繋がります。
つまり「お金が貯まる」ということに帰結するのです。

 

明確な貯蓄計画がすべてお金を貯めることが上手、とするわけ
ではなく、無駄な出費をしないということも上手な貯金となる
のです。

 

お給料が上がったり、ボーナスが出たり、はたまた臨時収入が
あったり・・・今そうではなくても、少し先の未来にその予定が
見えた時点で気が大きくなり、ついついカード払いをしてしまう
方も多いでしょう。

 

しかし、その金額がどのくらいで、果たして買う必要のあるものか
どうかがしっかりとわかっている人=貯められる人は、クレジット
カードを使うとしてもとりあえずの仮払いとして翌月払いしか
利用しないのです。

 

以上、まず貯金を増やしたい人は「クレジットカード払いを見直す!」、
これを手始めにスタートしてみましょう。