債務整理という正当な手段

丁寧な暮らしで無駄なお金を無くそう

丁寧な暮らしで無駄なお金を無くそう
今わたしたちが生活するために必要なお金は
いくらぐらいでしょうか?
日々慌ただしく生きているわたしたちにとって
憧れるのは「丁寧な暮らし」です。
丁寧な暮らしというのは手間暇もかかりますが、
その分お金はかかりません。
しかし生活に追われる焦燥感や粗雑さとは違う
落ち着いた生活が送れますよね。

 

落ち着いた暮らしをすることで、使うお金が減る
のだとしたらなるべくなら出来る範囲でまず
やってみたらいかがでしょうか?

 

まず、基本的な丁寧な暮らしとはどんなものでしょうか。
先にも書きましたがまず「雑」を捨てることです。
きれいに整理整頓を行い、掃除をする。
いらないものを捨てて生活空間を整える。
これを行うだけで日々「無駄に使っているお金」が
ぼんやりと浮き彫りになってきますね。

 

お金とは精神安定剤でもあります。
もし、明日にもお金に困る、という暮らしであったならば
毎日毎日不安と焦燥感にさいなまれ、夜も眠れないくらいの
精神的な影響を与えるものであります。

 

そこまで行かなくとも、お金がないなと思うだけで
胸のどこかがチクリとしますよね。
お金があればちょっとだけ贅沢をしたり、
人と食事が出来たり、「ゆとり」が生まれます。

 

つまり、お金のあるなしは精神状態に大きく影響するのです。
ですので、当然ですが丁寧な暮らしをするにしても最低限の
お金は必要である、ということです。

 

ではどこの無駄を省くことが重要なのでしょうか?
それは「日常的に使っているお金に疑問を持つ」ということです。
例えば洗剤一つ、歯ブラシ、タオル一枚でもいいです。
当たり前に使っていたお金ですが、その半額の物でも
ダメなのでしょうか?
他のものでは代用できないのでしょうか?
インターネットでは「ちょっとした工夫」で便利に、そして
節約につながるような工夫をしている方がたくさん情報を
アップしてくれています。
目から鱗の情報もたくさんあります!
ぜひともそのような情報によって「無駄なお金をそぎ落としていく」
ことが重要になりますね。
わたしは洗剤はキッチン洗剤一つであらゆる掃除をしています(笑)
というのも、ある洗剤メーカーの方に聞いたのですが
基本はキッチン洗剤で、その他の洗剤類はそれをベースに
少しずつ変えているだけなのだと聞いたからです。

それ以降、洗うものはキッチン洗剤をお風呂にもトイレにも
それぞれ専用ボトルを作って入れ替えて掃除にりようしていますが
なんの支障もないです♪

 

もちろん、丁寧な暮らしゆえにここだけは譲れないというものも
あるでしょう。
それもまた精神安定の一種ですので否定はしません。
ですが、すべてにそれを固持していたらお金はいくらあっても
足りませんからね。
工夫と丁寧さで無駄をぜひともそぎ落としましょう!